モチベーション

初の現場で痛感した!俳優・女優のモチベーションをいかに高く持たせるか!!

初めて映画を撮ろうと思った時!どんな人も初めに考えるのは脚本・俳優・女優・撮影機材・ロケ地と最初映画に必要な物を考えました。そしてやる気があれば何でもできると・・・そして撮影当日へ

初の現場!!撮影機材・スタッフ・ロケ地と最高のスタートを切りました。  スタッフや演者は時間が経つのを忘れて撮影に集中しました。        撮影の合間に休憩所に戻ってくる演者たち皆寒そうに戻ってくる。      戻ってきても缶コーヒー(ホット)程度しか提供できず・・・        彼らのモチベーションを維持するためには準備がめちゃくちゃ必要だと痛感させられました・・・演者は薄着で撮影に挑み寒さに耐えて表情を変えずに演技をする。そんな彼らにスタッフに出来ることは少しの休憩でも体を温めたり栄養補給が出来るように準備をすること。 彼らのモチベーションを守ことが最高の映画につながると感じた一日でした。

冬の撮影で

電気ケトル!お湯は重要です。(温かはモチベーションを上げます)     保温ポット 2ケ (カフェインのある・なし意外に重要)          ベンチコート                              毛布(説明不要ですね)                         お菓子(簡単に栄養補給が出来るお菓子は重宝します。)          ストーブ(電源が確保できれば電気ストーブでOK)            電子レンジ(お弁当温め)                        ホッカイロ

あっ!!今日はダーツ投げてない・・・よし

撮影に必要なもの…(わたる)

さて、我々weeklyeverydayは、
2/10に初めての撮影を
行ったわけですが、それまでの
準備と言ったら大変でした…

なにせみんなが初めてでしたから。
それこそ、行き当たりばったり…
なんてことも多くて、貴重な時間を
最大限使い切れた自信はありません。

何よりも大切だな…と感じたのは
時間管理!!!!!
丸一日の流れ(詳細)を
きちんと把握することは本当に大切!
撮影陣だけではなく、役者陣にも
「こんな予定です!」と伝えておくだけで
ストレスの軽減になるのではないだろうか。

さて、時間管理の話に戻しますが、
このシーンの撮影にどれだけかかるか…。
次のシーンまでの撮影準備は?
役者陣の着替えは?
撮影器具の準備は?
小物や美術品はすぐそこにある?
そもそもきちんと動くか?
設置予定場所にハマる?
…などなど。

「三脚で撮ろう」と思っていたところに
三脚が入っていかない…むりくり入れては
「え?三脚だとカメラ位置が高すぎる…」
など、想定外のことも平気で起こった。

想定外のことは、臨機応変に
対応するしかないとして、
時間管理や撮影の順番は予め
詳細まで決めた方が絶対に良い!

もちろん当日にズレはあると思うが、
「なんとかなるっしょ?」だけは禁物!
「取り忘れで再撮影…」
「まぁあのシーンなくても平気っしょ!」
なんてことにならないような
撮影スケジュールをきちんと立てたいですね!

香盤表の大切さ、
タイムスケジュール表、
シーン別の小物リスト、
役者陣のセリフリスト、
多々用意しなければいけないものが
あるが、全部大切!

ただ、それらを全て駆使して
良い現場にするには、
我々の健康が第一!

元気じゃないと進まないからね!
暑さにも、寒さにも負けず、
万進していきたいですねっ!!!!

次回の撮影は2/26(火)!
晴れるといいな!
暖かいといいな!
花粉が飛んでなければいいな!
健康をしっかり守れるように、
しっかり休まないと!

と言うことで、おやすみなさ…ZZZZZ
…wたr…ZZZZZ

出会いに出会いが重なり…(わたる)

カメラワークの確認を行う監督とブログ係①(W)

weekyeverydayには
色んなスタッフが在籍している。

幅広い年代の方が働いている企業になら
あるのかも知れないが、ここには
「年代の垣根を越えた新しい発想」が
たくさんある。

会社に入ると(営業職だと)「人脈が全てだ!」
なんて言われ、たくさんのコネクションを
得ようと、様々な場所に顔を出すように
なっていくわけですが…

実はわたし「わたる」は若かれし頃、
「人付き合いが面倒」と思う人間でした。
…あれですよ。お相手ができれば、
ずっとその方だけ、お相手がいなければ、
ひたすら部屋で映画がゲームか…
※学生の頃の話です。

ですが、そんなことも言ってられず、
話が面白い人も、面白くない人も、
頭がいい人も、物覚えが悪い人も、
かっこいい人も、可愛い人も、
まろやかな人も、尖っている人も、
まぁ…それなりに人を見てきたわけです。

そして気付かされます。
「面倒」と思っていた「人脈」は
本当に「宝」であることに。


今、映画を撮っています。

ここで痛感します。
まさに「人脈が全てだ!」です。
言うなれば、現在進行している映画制作こそ、
たくさんの人との出会いが生んだ
「人繋ぎのプロジェクト」なのです!

たくさんの人と時間を過ごすとなると、
暇なんてなくなります。
もちろんお金も無くなっていきます。
(飲み会やらゴルフやら…。
 …屋形船にも乗ったな…)
ですが、やはり知らない事を知れる機会と
考えると、本当に有意義な時間でして、
たくさんの方から、たくさんの話を
いっぱい聞くことが楽しくなりました。

すると、「フットワークが軽い!」なんて
言ってもらえるようになり、
気付けば平日の夜にロケハンをする程です(笑)

そのロケハンができたのも、
監督のお知り合いが手を回してくれたから。

監督の人間性はもちろん、
熱意、信念、スタッフの思い、などなど、
そう言ったものが「人を動かす力」に
なっているんだと強く思います。

助けを求める事は決して恥ずかしい 事じゃない。
沢山の人に助けられる事は駄目な事じゃない。
知らない事は全然悪いことじゃない。
できないから信頼を失うわけじゃない。

「全部一人で!」なんてできるはずがないから
助けを求めて助け合って、失敗しながら考えて、
改善して、次に進んで、知らぬ間に高め合って、
人の、作品の、クオリティが
高められていくんじゃないかな?

要は、われらの信念でもある
「様々な人を巻き込み」に通じるわけですが、
困った時助けてほしい。(現に今困っています…)
映像の編集方法しかり、ロケ地しかり、
上映会場しかり、スタッフ等々
たくさんの情報と知識を必要としています。

多くの人と関わりを持った中で
「良い物」が作れたとき、きっと
味わったことのない達成感、
感じたことのない幸福感を感じられると
強く信じています。「多くの人」が、
「もっともっと多くの人」になったら…。
…想像できないほど大きな達成感や
幸福感になるに違いない!そうなる自信…
いや、これはもう確信だな。
大きなものであると確信しています。

何が言いたいか…
終電を逃してロケハンなんて
しんどいと思うはずの自分が
今、たくさんの人に出会い、支えられ、
行動できることに心から感謝している。
ということ。

前の記事にも書いた、
「好きなら前向きに!」と心底思う。
何かに迷ったり、考え込んでしまっている人の
背中を押せるようなそんな思いを
ここに綴っていきたい。
(たまには路線を変更します)

今、不安は多いし、やる事は多いし、
でもそれが楽しくて、面白くて仕方ない!
信念ある行動がここまで清々しいものとは
思っていなかった!

我らを知らない「あなた」
今度、我らに巻き込まれるのは
あなたかも知れない(笑)

たくさんの出会いは大きな力!
だから突き進む!!!
いくぜweeklyeveryday!!!!!

わたる




好きこそものの…(わたる)

感動した夜のスポットライト

「あんな事できたらいいなぁ…」と、様々な場面で憧れを抱いてきた。

みなさんはどうですか?
「一流シェフのように美味しい料理を作れたら…」
「プロピアニストのようにピアノが弾けたら…」
「〇〇さんみたいにお金持ちだったら…」
「誰々のようにアレを発明できるくらい頭が良かったら…」
「誰もが一目置くような容姿になってみたい…」などなど、
強い憧れを持ったことはありませんか?

劣等感を感じてしまうほどの強い憧れって、
尊敬の意を上手に表せなかったりもします。
羨ましいという気持ちを超え、妬みや僻みに変わってしまって…

でもやはり、根底にあるのは「すごい」という尊敬の意。

だったら、小難しいこと考えず、変に身の丈を超えようとせず、
純粋にとことん憧れたっていいじゃない!
だって凄い!って思っちゃうんだもん!!

できないかも知れないけど、
やるって決めたんだから挑戦したっていいじゃない!
だって、できたらいいな!って思っちゃうんだもん!!

「結果」は仮定を通って初めて見えてくるもの。

映画を撮りたいと思ったとき、
・社会人だし時間がないから無理
・安月給だし制作費なんて出せないから無理
・そもそもそんな才能ないし
という仮定を通ったならば、
「何も始まらなかった」という結果だけが残っていたに違いない。

でも、「挑戦してみよう!」という気持ちになってからは、
不慣れな会議をしたり、そこで多くの改善点や修正点を話し合ったり、
スタッフ間でそれぞれの得意分野を理解し合ったり、
共通の想いを確認し合ったり…と、
「何も始まらなかったら絶対に深まらなかった絆」をすごく感じている。

だからこそ声を大にして言いたい。


好きなら迷わず進んでいいんじゃないかな。


できなかったとしても「やってみる仮定がなければ分からない」し、
「挑戦する!」という行動に至るまでの時間は
絶対的に有意義なはずだし、何よりも
「決断する前の自分より格段に強い自分」がいるんじゃないかな?
だから自信を持って進んでいけるんじゃないかな?
好きなものになら言い訳せず向き合える。
不安とか恐怖を超えて行って、「結果」が待ってる気がする。
信念を持った行動なら後悔は残らないはず!

…と、信じているのです。

なんて格好つけてみるものの…
自分の力がどこまで通用するかわからないから、
「とりあえず死にもの狂いで頑張ってみようじゃないか!」って
再確認した夜を過ごしましたのでここに記します!

この日は、10年前にした約束を守った、粋な男性に心を打たれました。

いくぜ、weeklyeveryday!!!!!

わたる

昔、こんな映画があった

昔の映画で織田裕二が主演の「就職戦線異状なし」って映画あったような・・・その映画でなぜか印象に残っているセリフを思い出しました。

良いと所までいって突き落とす、人生そんなもんだ!!」(おぼろげなので正確ではありません(笑))と人事を担当の役者が言っていたような。

なぜこのセリフを思い出したかと・・・

最近趣味のダーツが下手になってしまって、ちょっと凹み気味で(;’∀’)

簡単なダーツ歴!昨年の5月にダーツを初めました。12月まではレベル(レーティングという評価方法があります)がどんどんUPしてました\(^_^)/。このまま行けばプロになれるかもって勢いで!!・・・天狗になってましたね(笑)何を間違えたのか、何をやったのか・・・真ん中を狙っていても枠に刺さるという珍事が多発!!今年に入り成績が激落ち(;’∀’)人と対戦しても勝てなくなりました(泣)。

そんな時冒頭のセリフが頭をよぎり・・・胸に突き刺さりましたね😢突き落とされたわけではないですが「人生こんなもんか」って(笑)

 バブル期の就職を描いた作品で!!あまりレンタルとかでは見ない映画ですが機会があったら見てみてください。 

よし(8.94)

撮影の難しさ…(わたる)

ドリーを支えるって結構大変なんだな…

カメラがあって、マイクがあって、撮影場所があって、役者陣がいて、補助するスタッフが数名いれば、「撮影はできる」と思っていた。

場所をおさえる為に前々から施設に連絡を取ったり、撮影に必要な小物を確認したり、使ったことのない撮影器具は予めシミュレーションしておいたり…。と。なのになぜ???必要なタイミングで「あれが無い」、「これがない」とあたふたしてしまった。カメラを止めるアタッチメントを数種持って行ったが、「あれはどっちだっけ?」「これはなんだっけ?」と細かなところが追い付かなかった。設置したいドリーがきちんと設置できず、試行錯誤する時間もあったな…。時間のロスは致命的。ミスとも言える。

それを言うなら、撮影の開始からきちんと気を配るべきだった。一人ひとりにきちんと役割を与え、確認し、各々が「指示を待たなくても行動できる」ということが如何に大切かを痛感した。当たり前すぎて見逃していた、 「今日は〇〇時~〇〇時まで、この場所なので、〇〇時には片づけを始めるよ!」など、たったのこれだけの共有を行うことで最後のあたふた感は無かったに違いない。これこそが反省点であり改善点だと確信し、撮影陣だけではなく、それを支える全ての人に「今日の流れ」を説明しなければいけなかった。悔やまれる…

次回は同じ過ちは繰り返さないぞ!「タイムスケジュール」も15分刻みで作った、小道具の保管に困らないようナンバリングもした!入り時間から撮影ができるはずもなく…撮り終ったらすぐに移動できるわけでもなく。撮影器具の展開時間、なにから出せば早く効率が良いのか。撮影終了後…最後のシーンを取り始めてから片づけられるものは何なのか。片づけはどの手順で行えば次回の撮影が楽なのか…などなど仕事ではよく考えていたことを見逃していた。

本職ではないから…なんて甘えた考えはいらない!完璧にこなすぞ!もっと撮影がスムーズに行えるよう、役者さんたちの負担を軽減させるぞ!しいてはクオリティの高い管理が、クオリティの高い映画を作れる気がする。

「監督を如何に楽にさせるか」…これはご協力頂いた大学教授が教えてくれた言葉。間違いはないと強く胸に刺さった。細部の演出までに監督がこだわり切れる様、スタッフ間で協力しあって、円滑に進められる現場作りを目指してたい!

見てろよ素人集団の渾身の「E干サークル」!

まずは予告動画の公開をめざし、引き続き反省点を改善点と前向きに捉え、万進すると共に、より滑らかに尖った、唯一無二の映像作品になるよう日々考えていきたい!

そして折角のブログだ。この改善点を細かく纏めて、同じような事で悩んでいる方に少しでも参考としてもらえるように綴っていこうかな。

わたる

難しい

HP制作・・・直感で出来ると思ったが・・・背景を変えるのに10分・・・やばいHP作りの勉強が足りない・・・いや勉強したことがない(笑)        

公開までにどこまで手伝えるか・・・やるしかない!せっかくのプレミヤムプラン!!

よし