撮影器具:ジンバル(わたる)

西村晋弥氏が初の監督を務めた
映画「E干サークル」

撮影機材はスマホのみでした。

現在のスマホには、
手ブレ補正も色調補正も
デフォルトで備わっています。

ただ、走るシーンや
カメラワークの早いシーンなどの
ブレを既存の機能だけで
解消できるか・・・?
というと、そうではありません。

やはりブレ対策の
撮影機材が必要でした。

今作の撮影で使ったものは
スタビライザー(通称:ジンバル)
と呼ばれる「不要な揺れを抑える」
片手で扱える機材でした。

スマートホンを
挟むだけですぐに使えます。

様々なメーカーから発売されていますが、
我々は「Zhiyun(ジウン)」という
メーカーから発売されている
smooth4というものを使いました。

これにした理由はズバリ、

『安価で高性能』だからです。

何が高性能だったかというと、

このsmooth4は
全ての方向のブレに強い
・「3軸」ということ、
・早いカメラワークに対応すること、
・軽くて扱いやすい!ということ。

そもそも「軸」って何?
というところなのですが、
・パン(水平・左右)、
・ティルト(垂直・上下)、
・ロール(回転)
という3つの可動域があり、
上下左右に強いので、
イメージとしては
「フリーハンドでしっかり
直線が書ける!」という感じ。かな?


2軸というものも存在しますが、
そこは少し見栄を張って、
「2軸よりも3軸の方が
なんかいいんだろう・・・」
という浅はかな考えだったことは
内緒です。


3軸だからこそできるカットも
撮ることができました。
E干サークルには結構「3軸」に
救われたカットが多いんです(笑)

一見言葉に起こすと
難しそうに感じるかも知れませんが、
使用方法はいたって簡単でした。

慣れは必要なものの、
ジンバルの癖を理解すれば、
手で持って撮影するよりも
圧倒的にブレが少なく、
見やすい撮影ができるように
なると思います。


こんなことを書いていると、
手に入れた当時、用もないのに
ジンバルで撮影をしまくった事を
思い出します。
出勤時も家から駅、
駅から会社まで・・・
なんて常にジンバルを持っていました。


本作は、ショートバージョンですが
2019年9月21日(土)に開催する
カレー大使館のイベント(一期幾重)
での上映が決定しております。

主人公が走るシーンは、
もちろん撮影陣の我々も
走って追いかけています。
そのシーンを見て、ブレの少なさに
驚いてくださいね!
それに加え、そのジンバルを使った
撮影体験コーナーも設けています。

簡単な営業になりますが、
監督やサブカメを務めた人間が
どんな風に撮影したのか
興味がある方は
是非お気軽にお声がけください。

撮影の楽しさや
難しさ、手軽さなどを
体験して頂きたいです。

昨今、映像で情報を伝えることが
多くなってきたと思います。
情報拡散社会なんて言われています。

要は、映像で何かを伝えることは
今後も続いていくことであって、
もっともっと当たり前に、
身近なものになっていくのかな?
と思います。

専門的な機材にはどうしても
劣るところもありますが、
ある程度のレベル(品質)は
しっかり保たれますので、
事実、smooth4があれば
映画はもちろん、
好きなアーティストの
MVや、CM動画、
自身の活動のPVなど、
様々な製作が
可能になるのだと思います。

それでは、今回はここまで。

いつも読んで頂きありがとうございます。
何か聞いてみたいことなど
ありましたら、是非コメント欄で
お願いします!

あ・・・
8月ももう終わりですね。
新しい月になり、
どんどん季節も変わりますので
皆さまご自愛ください!
わたる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中