香盤表のコツ(わたる)

西村監督のnoteに「企画書の書き方」や

「音声のつなぎ方」など映画製作に必要な

事柄が細かく綴られています。

私からは、「香盤表」というものについて

ここで伝えさせて頂きたいと思います。

さて、香盤表とは?

役割は色々ありますが、

我々weeklyeverydayが必要とした場面は、

映画製作における「撮影スケジュール」でした。

作った事もなかったので、着手が遅れましたが、

「みさと」という救世主が、

「コレを参考にできませんか?」と

見本データを持ってきてくれた事がきっかけで

「香盤表の作成」が本格的に始まります。

見よう見まねで、撮影日を基準として

作り始めた第一版は、

「いつ」(撮影日と時間)

「何をする」(シーン内容)

「どこで」(ロケ地)

「誰が」(出演者…服装含む)

「何で」(撮影に必要なもの…備考)

となりました。画像の通りです。

作る中で、非常に重要だと思ったのは、

「誰もが見てすぐ分かるモノ」と言うこと。

我々の中には、撮影当日にのみ参加できる

というメンバーもいるので、この項目は

必要不可欠でした。更に、撮り終えたシーンを

チェックできる!など様々な使い道があることも

後々気付き、蔑ろにしてはいけない物。と、

になりました。…が、改良が必要でした。

そのシーンを「どれくらいの時間で撮りきるか」

と言うことが抜けていたのです。

まだ10ものシーンが撮り終わっていないのに、

そろそろ終わりにしなければ…なんて

考えたくもありません。なので、別のデータで

タイムスケジュール表を作りました。

そして、書類を増やしてしまったことに

反省するのです。何枚もの紙を持ち歩いて

撮影するのは本当にストレスが溜まること。

あちらを立てればこちらが立たず…

そして更に役者さんがどの服を着ればいいかが

わからない…と言う事態に陥ります。

書類は増やしたくないのに、今度は

「衣装チェック表」が追加されて、更に

書類はかさばりました…。

書類を作っては管理しきれなくなる…

あるあるですね…。

と改良しきれず、撮影の回数を重ねます。

そして、最後の撮影にして「最高の香盤表」に

たどり着きました。

「シーンナンバー」

「ロケ地」

「タイムスケジュール」

「役者(の服装)」

「必要備品(摘要)」

必要な項目を全てを詰め込み

A4(横)で印刷することに成功したのです。

次回作もこの香盤表を使用するつもりです。

こうすることで、

シーンナンバー、その内容、ロケ地、

撮影猶予時間、移動時間、準備時間、撤収時間、

それに関わるスタッフと役者、備品の情報が

すんなり入ってくるようになりました。

ここで、テクニックを一つ。

この香盤表はExcelです。ただ表を作るなら

手書きでもよかったのですが、

Excelが好きだし、誤字脱字のミスは激減するし、

何よりも沢山の書類をExcelで作っていたので、

「Excelで作る以外無い」と言う

考えしかなかったのが本当の話。

Excelで作るなら、最後までExcelで作る。

ということをお勧めします。

この香盤表、作り初めに脚本の流れに沿って、

冒頭からラストまで全てを入力しました。

欠かせなかったのがシーンナンバーです。

(S#◯の欄です)

もちろん、本来ならば…という話、

絵コンテがあるはずなので、シーンナンバーを

割り当てることは容易かと思います。

ただ、西村監督は「その場の空気」を

大切に撮影をする方なので、

絵コンテなんてものはありません。

※スタッフ全員が欲しいと思っていたのに…

でも作ろうと努力している姿もみているので

それは責めません。向き不向きの話です。

話は戻り、

Excelのシート1に冒頭からラストまでが

細かく入力されています。これまた脚本に

物語の「日付変更線」みたいなものが

なかったので、新たに作り服装や天気を確認する

目安として使うことにもなりました。

これもweeklyeverydayの特徴ですが、

出来上がった脚本(話と話の間)に

シーンが追加される事があります。

シーン10とシーン11の間…。

……

………シーン「10.5」になりますよね…。

そうして、変なシーン数が増えるわけですが、

Excelの「VLOOKUP」と言う関数を

ご存知でしょうか?

ある条件さえ一致していれば、数字や文字を

違うデータに引っ張れるのですが、

詳しく知りたい方はGoogle先生に

聞いてみてください。

はい、色んなデータが増えたので、

このVLOOKUPという関数を使って

色々紐付け、あっちのデータでも

こっちのデータでも「同じシーン名」

「同じ備品名」が引っ張れました!

セルを選んでコピーしてペーストするより

圧倒的に入力漏れが少なくなります。

時間も短縮されます。

撮影は煮詰まれば煮詰まるほど、

時間に追われ、焦り、ミスを生みます。

段取りよく、安心して撮影に臨めるよう、

ゆとりある計画を立てなければいけないと

心から思いました。

よければ、(次回作も使うだろう)香盤表を

参考にしてみて下さい。

何かお気付きの点などがあればお気軽に!

わたる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中