好きこそものの…(わたる)

感動した夜のスポットライト

「あんな事できたらいいなぁ…」と、様々な場面で憧れを抱いてきた。

みなさんはどうですか?
「一流シェフのように美味しい料理を作れたら…」
「プロピアニストのようにピアノが弾けたら…」
「〇〇さんみたいにお金持ちだったら…」
「誰々のようにアレを発明できるくらい頭が良かったら…」
「誰もが一目置くような容姿になってみたい…」などなど、
強い憧れを持ったことはありませんか?

劣等感を感じてしまうほどの強い憧れって、
尊敬の意を上手に表せなかったりもします。
羨ましいという気持ちを超え、妬みや僻みに変わってしまって…

でもやはり、根底にあるのは「すごい」という尊敬の意。

だったら、小難しいこと考えず、変に身の丈を超えようとせず、
純粋にとことん憧れたっていいじゃない!
だって凄い!って思っちゃうんだもん!!

できないかも知れないけど、
やるって決めたんだから挑戦したっていいじゃない!
だって、できたらいいな!って思っちゃうんだもん!!

「結果」は仮定を通って初めて見えてくるもの。

映画を撮りたいと思ったとき、
・社会人だし時間がないから無理
・安月給だし制作費なんて出せないから無理
・そもそもそんな才能ないし
という仮定を通ったならば、
「何も始まらなかった」という結果だけが残っていたに違いない。

でも、「挑戦してみよう!」という気持ちになってからは、
不慣れな会議をしたり、そこで多くの改善点や修正点を話し合ったり、
スタッフ間でそれぞれの得意分野を理解し合ったり、
共通の想いを確認し合ったり…と、
「何も始まらなかったら絶対に深まらなかった絆」をすごく感じている。

だからこそ声を大にして言いたい。


好きなら迷わず進んでいいんじゃないかな。


できなかったとしても「やってみる仮定がなければ分からない」し、
「挑戦する!」という行動に至るまでの時間は
絶対的に有意義なはずだし、何よりも
「決断する前の自分より格段に強い自分」がいるんじゃないかな?
だから自信を持って進んでいけるんじゃないかな?
好きなものになら言い訳せず向き合える。
不安とか恐怖を超えて行って、「結果」が待ってる気がする。
信念を持った行動なら後悔は残らないはず!

…と、信じているのです。

なんて格好つけてみるものの…
自分の力がどこまで通用するかわからないから、
「とりあえず死にもの狂いで頑張ってみようじゃないか!」って
再確認した夜を過ごしましたのでここに記します!

この日は、10年前にした約束を守った、粋な男性に心を打たれました。

いくぜ、weeklyeveryday!!!!!

わたる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中